グラブル初心者向け講座
最近すごい勢いでFF11/14勢がなぜかグラブルを始めてる(;`ω´)
ので、指南書みたいなのを書いておきます。
FFと違ってお金はかかるから、出来るだけお金をかけずに強くなるには最初の方向性が重要です。
特に無課金/微課金(スタートダッシュ,サプライズチケットのみ購入)だと、最初でフラフラしてると中盤とんでもなく苦労するハズ。

【1.適当にジョブを取得しちゃダメ】
グラブルはJP(ジョブポイント)を消費して基本ジョブを習得します。
基本ジョブの上に上位ジョブもあって、それもJPを消費。
その上のEXジョブはJPと素材や称号など。
現状EXジョブに強いのは余りないし無くてもどうとでもなるので、強い上位ジョブを取得するのが目標となります。
獣使いと違って、何のジョブでもイベントやマルチプレイに参加出来るので(もちろん6人制限のエンドコンテンツはジョブ指定があるけど)、FFと違って自分の好きなジョブで参加出来る割合はかなり高いです。
ただ、別にジョブ毎に楽しみが変わるかと言えばそうではない。
強いジョブを使ってても弱いジョブを使ってても満足度には大した差はないです。
それなら出来るだけ戦い易い強いジョブを序盤に取ってしまうと楽ってなもんです。

オススメジョブ
●ダークフェンサー(以下ダクフェ)
敵はチャージターンが満タンになると奥義を撃ってきます。
そのチャージターンを減らすアビのディレイを標準装備してるジョブ。
加えてミゼラブルミストというアビで敵の攻撃力と防御力を-25%出来ます。
グラブルはFF11と違って、バフデバフの効果が強烈です。
あるのと無いのとじゃ、攻撃力や被ダメが2倍は違ってくると思いましょう。
敵へのデバフ(特に防御ダウン)は最優先事項です。

簡単に敵へのデバフを説明すると、攻撃力と防御力のダウンは色んな方法のデバフの合計で-50%までです。
単純計算で足し算で良いんですが、同じ種類のはカウントされないので、枠としてはアビ1つで両面(攻撃力,防御力)がDOWNするデバフ・アビ1つで片面(攻撃力,防御力)どちらかがDOWNするデバフ、召喚獣を呼び出した時の効果で攻撃力や防御力がダウンするデバフ(オーディーンの防御-20%の様に)の3パターンに分かれます。
ミゼラブルミストは両面アビで、両面持ちは数が少ないので必須とも言えます。
そこに単体防御ダウン持ちのキャラを入れて、足りない分は召喚で補うのが全属性のセオリーです。

ダクフェはそれだけに留まりません。
グラビティというアビで敵のチャージターンを1つ増やせます。
強い敵は大体チャージターンが◇◇の2個スタートなので、グラビティで◇◇◇の3つになるだけでも全然違います。
ターン数を稼げるというのはディレイのリキャストターンも稼げるという事でより一層敵からの奥義を受ける回数が減ります。

ダクフェは剣と短剣を装備出来るので、武器を集めやすいという点も見逃せない。

要するに、ダクフェ取れって事ですw
別にオーガちゃんやサイドワインダーやスーパースターを最初からやっても良いです。
・・・良いですけど、その分戦闘で超苦労するので時間と消費アイテムが増えるのは覚悟して下さい。

ダクフェを取るには、エンハンサー(100JP)>ナイト(初期ジョブ)>アルカナソード(200JP,ナイト・エンハンサーLV20)>プリースト(初期ジョブ)>フォートレス(200JP,ナイト・プリーストLV20)>ダクフェ(300JP,アルカナソード・フォートレスLV20)が必要です。
Rankが1つ上がる毎にJPは30貰えますが、当然Rankは上がっていくに従ってどんどん上がる速度は落ちていきます。
イベントとか共闘で少し足せますが、序盤にJPの余裕なんてありません。
余裕がないのに趣味で弱いジョブを取ってると・・・どうなるかはお察しです。

ダクフェが取れたらその途中で習得したジョブを活かしてホーリーセイバーやサイドワインダーやビショップなどを取得しましょう。
オススメは、アローレインIII・ブラインド・トレジャーハント3です。これらを習得しておけば、ダクフェの4アビに設定出来ます。


【2.◯◯の攻刃以外はゴミ】
武器のスキル欄の所になんちゃらの守護とか二手とか見切りとか攻刃って書いてますね。
大体イベントの武器は二手とか技工とかが付いてるんですけど、ほとんど火力UPに繋がりません。
もちろんRank100を越えてから参戦出来るハイレベルコンテンツでは攻刃以外も重要になってきますが、そこまで育つまでに必要なのは◯◯の攻刃と付いてる武器だけです。


【3.毎日HARDをやろう】
最終目標は強いSSRの武器で装備欄を埋める事ですが、SSR武器はガチャ以外だとイベントをこなしたりマグナを倒す事やショップ/カジノ交換でしか手に入りません。
そんな始めてすぐにSSRで埋めようなんて石油王になってから考えて下さい。
じゃぁどうしろってんだ!って話ですけど、スキルレベル(以下SL)7のSSR武器とSL10のSR武器はほぼ一緒の攻撃力です。
厳密に言うと武器自体の攻撃力や付加効果があるので変わってくるけど。
SR武器は結構ぼろぼろ落ちます。それを上限解放でたばねてLV75まで上げてスキルレベルを10にしたらRank100超えても使えます。

加えて、ガチャ産のSSR召喚石の多くは4つ集める事で属性ダメージが80%になったり120%になります。
しかし、ガチャだけで4つ揃えようなんて思ったら軽く自動車買える位は吹っ飛びます。
じゃぁイベントの40%や50%石で我慢するしか無いのかよ!って話になりますが、マグナ石というのがありまして、
マグナを倒すと武器の3倍くらいは落としやがります。すぐ貯まるので4つ集めるのも楽です。
で、これの効果は◯◯方陣とついた武器のスキルを2倍にしてくれます。
それだけでは弱いので、そういった80%や120%の石を持ってる人をサポート石に選んで、もってない人はマグナ石を装備しておけば持ってる人並の火力が出ます。

2で◯◯の攻刃を集めろと書きましたが、通常の攻刃と、マグナ系の敵が落とす◯◯方陣の攻刃は違います。
方陣の方の攻刃は前述通りマグナ石を装備することによって2倍になります。
マグナ石は通常攻刃には何の火力UPにもならないので、マグナ石を装備して戦うなら◯◯方陣の攻刃を集めないとダメです。

SR方陣武器でも効果は一緒なので、毎日制限回数(3回、キャンペーン中5回)まで自発して倒すのが一番安上がりに強くなれます。
この毎日HARD狩りをしてた人としなかった人とでは後々大きく火力が変わって来るので、ハリボテの高ランカーになりたくなければ序盤からHARDを倒すのをオススメします。
ちなみに僕はやってこなかった系なので時間とお金をかけてSSRで埋めました。
ただ時間をかけてない火風土水属性の火力は相当低いです。Rank100以下かも。


【4.育てやすい属性について】
このゲームは火風土水光闇の6属性があって、6属性のキャラと武器で構成されてます。
1つ1つの属性の装備とキャラを集めて行く訳だけど、それにはまず第一にお金がかかります。
キャラが居ない事にはその属性だけで集めたパーティを作りづらいので。
じゃぁ無課金や微課金だとどうすればええの?って話になるんですが、無課金でも重課金以上の火力を出せるのが風属性です。
何でかというと、課金石4つで80%石を普通手に入れる訳ですが、それがカジノ交換で手に入ります。
加えて、SSRの風キャラのクリスティーナがカジノで手に入ります。
このクリスは全体回復1500に奥義+5%に全体異常回復のアビと、トレハン2を付けるアビと、様々な弱体を通りやすくするアビの3つを持ってる高性能。
80%石のアナトと風SSRのクリスティーナ、微課金ならスタートダッシュガチャで風のレナを選び、サプチケでガウェインを選べばRank50頃にはソロでユグドラシル・マグナをボコれるでしょう。
ユグドラシルマグナで土装備を手に入れて、その土装備でリヴァイアサンをしばき、その水装備でコロッサスをしばき、その火装備でティアマトを倒す。
ティアマト・マグナからのドロップ品や、毎日HARDで貯めた武勲の交換で風装備を整えて行けば、Rank100の頃には1殴り10万OVER、4Chain380万ダメの成魚になってることでしょう。
カジノのコインの稼ぎ方はこちらなどを参照→
コインが30万枚くらい貯まったら10人部屋の1万BETに行きましょう。そこで負けが混んでも5万枚は残してポーカーに戻ればまた稼ぎ直せます。
そんな時間あるっかぁ〜!って方はその時間を残業に当ててその分でガチャ回してたもれ。


【5.フレンド石にマグナ50%は置かない】
昔はサポート石の効果を得られるのはフレンド限定だったので、如何にして強い召喚石を持ってるフレンドを集められるかが強さに直結してたんですが、去年のバージョンアップでフレンド以外も同じ効果を得られる様になりました。
なので、以前ほど自石の品揃えを良くしなくても何とかなるんですが、フレンド枠は毎回出てるので出来るだけフレンドの事を考えた石を置きましょう。
その中で、良い属性の石がまだ無いからとマグナ石のLV40(無凸)〜LV80(2凸)を置く方が多いです。
これ、計算したら分かるんですが、プロトバハムートの10%より弱いので置いたらダメです。
恥ずかしがらずにSR石置いて下さい。金ピカに光ってたらつおい訳じゃありません。

後、なるべく討滅戦は頑張って各種1つくらいは属性石を確保しましょう。
イベントの属性石でも構わないけど、持ってない属性の石は積極的に!
ウォフマナフやディアボロスやコキュートスやイフリートやコロゥなどなどRank100越えても使える石です。


【6.マルチバトルについて】
BP消費をして入る大人数戦闘コンテンツのマルチバトル。
低Rankでも高レベルコンテンツに乱入が出来ます。
何かよくわからないから入ってみよう。気持ちは分かります。
では逆の立場で考えてみましょう。
あなたが高ランクになるまでお金と時間をかけて石を4つ集めてやっと最終上限突破までこぎ着けました。
最終上限突破の闘いがあるのは課金石のみです。ものすごいお金と時間がかかってます。
その最終戦に必要な素材のトリガーも集めて救援を出しました。
すごい勢いでいっぱいプレイヤーが参戦してくれます。
でも全然削れないしどんどん「勝利を信じて!」の文字が出る。いやいやまだ始まったばかりなのに・・・?
参戦者一覧を見たらRank12とか40とかがひしめいてました。これじゃぁ勝てる訳ありません。
早々にワンパンで死んだ初心者の人らは汁を飲んで復活もしないし、復活した所でまたワンパンで転がるだけ。
トリガーの集め直しは厳しいので、自発者と一部高ランカーが汁飲みまくって討伐に成功。
全員にその召喚石の上限を突破するのに必要なアイテムがドロップでもらえます。

さて、ここで考えてみましょう。
その意気揚々と参戦した最近始めた低ランクの方々。

あなた、その召喚獣の石4つ持ってるんですか?

と。
その召喚獣を最終上限突破するのに必要な素材を落とす闘いですよ。
持ってない人には何の関係もありません。
99%嫌がらせに近いので、なんかおもしろそうだから入ってみたは1回にしてください。
なんかおもしろそうだから毎日入るしTwitterでも拡散したるぜ!とかほんとヤメテ。

ここまで書くと「入れる仕様のが悪いんだろ」と開き直る方も出てくると思いますが、
あなたが高ランクになってお金と時間をかけた結晶の闘いで同じ事されて同じ事を言えるでしょうか。
興味本位で入りたい気持ちは分かるけど、どういう戦闘なのかはWikiをちょっと見るだけでも分かります。
無知は罪です。

逆に、◯◯・マグナ戦は低ランクでもどんどん入ってかまいません。
あれは高ランクで整ってる人なら全種類ソロ出来ますので、低ランクがわんさか来ても何の問題もないです。
後、イベントのマルチバトルとかはむしろ低ランクがどんどん入るべきです。
HARDやNORMALのマルチバトルもどんどん入って素材を集めましょう。序盤はキャラ上限突破に必要なアイテムも乏しいですし。
バハムート戦も僕は別に良いと思ってます。得られる素材は低ランクの時入手が厳しいけどキャラ上限突破で必要な物も多く落とすし、
そもそも野良救援出してるバハムートの時点でそのリスクは考慮すべきです。

上限突破召喚獣戦の低ランクの冷やかし、ダメ、絶対。


【7.救援について】
グラブルは全プレイヤーにお知らせする全体救援と、フレンドのみにお知らせする救援と、騎空団だけにお知らせする救援と、最近はTwitterで拡散するお知らせの4つの方法があります。
全体救援をポチるとオールポーションが1個貰えるので押したい人は多いでしょう。
押すと全体に拡散されるので人がわんさか来ます。

では押してはいけない時とは?
グラブルには団対抗イベントという古戦場の闘いが1,2ヶ月に1回あります。
ここでは団同士でポイントの多さで勝敗を付けて勝った側には多くの勲章が貰えて、その勲章を集めて交換すると、SSR石の上限を突破出来るアイテムが貰えます。
その期間中のイベントの闘いは団への救援以外を押してはダメです。
団員が自発して団員が参加して稼いだポイントしか反映されないからです。
全体救援を出してほかの関係ない人が入ってきてポイントを稼ぐとその分団へのポイントは減ります。
同じく、よその人が自発したマルチバトルに参加して団へ救援を出しても0ポイントです。
団イベ中は特に気をつけて下さい。団以外への救援を押しまくってたらクビになるでしょう。

後は、団員やフレンドなどで最初のうちは戦いたい戦闘など。
バハムート戦や召喚獣戦やマグナ戦などです。
団やフレンドの方に出来るだけ美味しい思いをしてもらおうと解放してるのに、入って速攻全体やTwitterに拡散されては意味がありません。
そういう闘いでの救援は自発者の指示に従いましょう。あなたがトリガーを集めて自発した戦闘ではありません。
BP5を消費して入っただけの戦闘です。出してる側の苦労も察しましょう。


セオリーや習わしや礼儀や習慣なんてクソ食らえだ!ゲームなんだから俺は好きな様に救援出すし、別に欲しくもない召喚戦も参加しまくってやるぜ!ヒャッハー!
でも別に良いです。良いですけど関わり合いたくないです。
[PR]
by daichanpu | 2016-02-09 12:57 | ゲーム | Comments(0)
<< Magic Mouse2 とらわれた珍獣の巻 >>